30代から肌が衰えるメカニズムと対策方法を調べてみた

30代になって、なんとなくお肌が乾燥してきたり、ほうれい線が目につくようになっていませんか?

普段通りにきちんとスキンケアをしているのに、なぜかお肌には前のようなハリや弾力が感じられない…。そんなお肌の変化を感じている皆さんに、今回は30代からお肌が衰える原因とその対策についてお話したいと思います。

なぜ30代から肌は衰えるのか?

肌質はずっと同じではなく年齢によって変化します。30代になると、ホルモンバランスに変化が見られるようになり、ホルモンの分泌量が減少し始めます。そのため紫外線やスキンケアなどの外的刺激にも敏感になり、お肌に老化現象が現れやすくなるというわけです。

肌の乾燥

ヒアルロン酸やコラーゲンなどのお肌に潤いを与える成分が減り始めることも関係していますが、セラミドの減少が30代の乾燥肌には大きく影響しています。セラミドは、細胞同士の隙間を埋める脂質(細胞間脂質)で、水分が外に逃げないように角質層内にしっかりキープする役割を果たしています。

しかし30代に入るとセラミドは急に減り始め、細胞間は隙間だらけになり水分が逃げるようになってしまいます。セラミドを補うことを忘れないようにしましょう。

毛穴の開き

保湿成分の減少によって肌が乾燥した状態になると、潤いを保つお肌のバリア機能は低下し、お肌のキメが乱れて毛穴の開きが目立つようになります。また脂性肌の場合でも、過剰に分泌される皮脂によって皮脂腺が広がり、毛穴が大きくなることがあります。

どちらの場合も肌本来の持つ機能が働いていない状態で、これを放置すると更なる肌トラブルを引き起こす可能性があります。肌質に合わせて保湿や洗顔をし、毛穴が開いてしまう原因を取り除きましょう。

ハリやくすみ

お肌は「表皮」、「真皮」、「皮下組織」の3つに分かれますが、中でも「真皮」は美肌に一番影響のある部位です。網目状にコラーゲンが広がっていて、その間にハリや弾力のもととなるヒアルロン酸やコラーゲンを多く含んでいます。

これらの成分が減少すると網目が崩れ、真皮を支えられなくなってお肌にたるみが生じます。また、20代の頃と比べてお肌のターンオーバーの周期も長くなるので、古い角質が蓄積してくすみの原因となります。ハリやくすみの改善には、お肌の代謝を上げることが大切です。

30代の肌はどの様な対策を行えばいいの?

30代のお肌の衰えは、必ずしも全員に同じように現れるわけではなく、その進み具合や症状には個人差があります。普段の生活習慣やスキンケア方法に気を付けて、お肌を健康な状態に保ちましょう。

洗顔編

洗顔料を手に取り、しっかり泡立てて優しく洗います。うまく泡立てられない場合は、専用の泡立て器やネットなどを使うと、簡単にキメの細かい泡ができます。大切なのは古い角質は落として、必要な皮脂は洗い流さないということ。洗浄力の強すぎるものは避けて、保湿成分が配合された洗顔料などを使用すると良いです。

また週に1回ぐらいを目安に、酵素洗顔やクレイパックなどをいつもの洗顔に取り入れると、余分な皮脂や角質がなくなって、お肌のくすみも改善されます。

洗い流す時は、ぬるま湯を使い、顎の下や髪の生え際などに洗い残しがないようにしっかり洗顔料を落とします。熱湯を使ったりゴシゴシと顔をこするのは絶対にやめましょう。お肌に必要な皮脂まで落としてしまったり、お肌を傷つける可能性があります。

スキンケア編

とにかく乾燥しがちな30代のお肌。しっかり保湿を行うことがお肌を衰えさせないポイントです。洗顔後はすぐに化粧水をとり、少し手で温めてから顔全体になじませます。こうすることで化粧水が温まってお肌に浸透しやすくなり、その次につける乳液や美容液の浸透率も上がります。乳液や美容液はセラミドが配合されたものを使うと、お肌の土台が整い、保湿効果もアップします。

また特にお肌の乾燥が気になる時は、保湿効果の高いオイルを使うと、オイルの油分が不足している皮脂代わりにもなるのでおすすめです。洗顔後すぐにつけることでその後の化粧水の浸透を良くしたり、化粧水や乳液をつけた後に仕上げとしてつけても効果があります。さらには化粧水に混ぜて使うこともできるので、オイルは目的に合わせて自由に使うことができる便利アイテムです。

30代の肌へおすすめのコスメ

ホルモンバランスに変化が起きている30代のお肌には、不足している美容成分を補う必要があります。今話題になっているコスメをご紹介しましょう。

ビューティーオープナーとは?

30代のお肌の悩みに最適な、卵殻膜エキスが高濃度で配合されている美容液です。卵殻膜は卵の殻の内側にある白くて薄い膜で、主成分は人の髪や肌に近いタンパク質。18種類ものアミノ酸ヒアルロン酸コラーゲンなどの美容成分が自然に含まれていて、お肌にハリや弾力、潤い、ツヤなどを与え、キメも整えます。その万能効果をぜひ実感してください。

30代のお肌にあったスキンケアで美肌をキープしましょう

ホルモンバランスからくる30代の肌質変化は、さまざまな肌老化を引き起こします。今までと同じ洗顔方法やスキンケアを続けるのではなく、年齢にあったスキンケアに変えることが大切です。

30代から肌が衰えるメカニズムと対策方法を知り、不足している美容成分を補うようにすることで、お肌の状態は改善されて輝きを取り戻します。毎日のスキンケアを見直し、30代の美肌をキープしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です